家庭環境の差

高松市国語塾

新井紀子先生の新刊が出ています。読むべきです。 家庭の語彙量の差をそのまま反映してしまう 上記書籍より 生活体験値が少ないんですよね。だから、世の中のことを何も知らない。語彙が全然広まっていかない。狭い狭い家庭の中だけで通じる語彙力で終わってしまっている。 大… 続きを読む »家庭環境の差

時代にあった子

高松市国語塾

親が考えるべきことの一つには、時代を把握すること、理解することです。 だから、言い換えると、昔の価値観なんかで考えてはダメ、ということです。最悪なのが、親が自分の学生時代の頃を思い起こして判断することです。そんな大昔の価値観で考えていたら、果てしなく時代に合致… 続きを読む »時代にあった子

読めない子の衝撃

国語ができない

保護者が読んでおくべき書籍の紹介です。 大ヒットと言ったらおかしいかもしれませんが、非常によく売れた書籍です。 それだけ、内容が衝撃的だったわけです。 当塾にて実施している保護者説明会でも取り上げたことがあります。 以下の青文字は有名な例題の一つです。 「Al… 続きを読む »読めない子の衝撃

世の中を知っておく

高松市国語塾

おもてなし無人レジインターネットの功罪地産地消人口減少廃校の利用AI里山災害時のSNS利用SDGs 最近の公立高校の入試問題で出されたテーマです。しかも英語長文の内容です。 こういった世の中の動向を表すキーワードには敏感になって、大体の趣旨を理解していないと、… 続きを読む »世の中を知っておく

会うとプット

国語の塾

上位生に対してインプットを指導のメインにするのは大きな間違いです。断言します。 インプットとは知識の伝達です。要は、講義形式での授業です。いや、知識の伝達は必要なのですが、それは学校でやってくれるから塾でする必要はないのです。上位の子であれば学校の授業でほぼ理… 続きを読む »会うとプット

自信の裏付け

香川県診断テスト

自信って誰も持っていないですよ。「自信をもってテストにテストに臨め」なんて簡単に言いますけどね。自信どころか不安の塊ですよ。 それをね、少しでも和らげるものは練習量じゃないですか?「自分はこれだけやった、だから合格するんだ」と。 自信を支えるものは練習量。学習… 続きを読む »自信の裏付け

救えない子

診断テスト国語

読解問題の解き方を学んでもらって、国語の点数を伸ばしていくのですが、ほぼ成果がないケースがあります。救ってあげられないことがあります。 それは、語彙力の少ない子です。 語彙力が少ないということは、何が書いてあるのか分からないということです。分からなければ読解問… 続きを読む »救えない子

高松高校合格的視点

高松高高校合格専門国語塾EQZ

何年も、高松高校に受かるかどうかという生徒を見続けてきています。どうしても高松高校に行きたいのだが点数が足りないという生徒を逆転合格させてきています。 だから、合格できるか否かのスレスレのレベルの判断ができるのです。逆転合格するには何をすべきかというプログラム… 続きを読む »高松高校合格的視点

成長曲線

高松市国語塾

成績が伸びてくるために必要な要素、その中でも、最も需要な要素は時間数です。 成績が伸びなくて悩む人は、ほぼ間違いなく時間数が足りません。やり切っていないのです。伸びる前に辞めてしまっているのです。 僕が好き勝手に言っているわけではありませんよ。科学的に証明され… 続きを読む »成長曲線