高松国語塾EQZ塾長です。

2022年度が間もなく始まります。

皆さんを迎える準備が整いつつあります。

 

実は2022年度を迎えるというのは奇跡でもあるのです。

 

 

以前勤めていた学習塾を退職してしばらくは、「塾をやめたのであれば個人的に指導してほしい」という声をいただいておりました。すべてお断りしてきました。

塾(生徒指導)をやるつもりは全くなかったからです。

 

しかし、数年後、プライベートの関係でどうしても断り切れないご家庭があり、「じゃその子たち(兄弟)だけやりましょうか、曜日時間は限られますけど」と、自宅の一室で始めたのが、EQZが生まれるきっかけです。

 

そして、その子たちを教える時間帯内であれば、他の子を受け入れるのも良いかと思い、プライベート関係だけの子を、多少募集するようになりました。

 

そして「なんで本格的に塾をやらないの?」「こんなに指導が上手いのに」「こんなに成績が良くなるのに」という声をいただきました。

ついには「その技術を持っているのに世に出さないのは宝の持ち腐れ」でしょうとまで。

 

「じゃ曜日限定でやりましょうか」となり、街中に教室を作ったのが一つの転機でしたね。

 

 

街中に事務所を持つという意味において、僕としては都合が良かったのですが、ただ、塾自体はそんなに拡大をするつもりはありませんでした。

「何かの拍子」に、うちを知った人だけが5~6人でも来ていればそれで良しと。

 

ですので、ブログも書くには書いていましたが、できるだけ目立たないようにこそこそとやっていたわけです。看板もありませんでした。(今でもないですが)

 

生徒が少しずつ増えてきたときでも、拡大をするつもりは全くなく、できる範囲だけで良いと割り切ってやっていました。

 

 

そして、塾を始めた当初から決めていたのは、

◆2022年3月で塾はお終いにする

ということです。

 

つまり、本来の計画では、2021年度いっぱいでEQZは終了しているはずだったのです。

街中の事務所も引き払い、自宅に引きこもる? つもりだったのです。

2022年度にはEQZは存在していなかったはずなのです。

 

でも、紆余、紆余、曲折、曲折、紆余、曲折あって、継続の決断をしました。

継続の覚悟と言った方が良いかもしれません。それが2020年秋頃ですかね。割と最近です。だから、ついこの前まで「塾は止めよう」と思っていたわけです。

 

その継続の決断・覚悟が教室の移転にもつながるわけです。

 

 

 

継続の決断をした理由はいくつかあるのですが、最大の理由は、「僕がやるしかないのか」と確信したことですかね。

 

「合格実績がこんなにすごい!」とチラシ等で宣伝している、大手と言われる塾、

「うちはこんなに素晴らしい塾なんだ!」とウエブ上でブイブイ言っている塾、

この手の塾からもたくさん生徒がやってきます。

 

国語ができません」「今通っている塾では十分ではありません」と。

 

結局、これ

高松市個別国語塾高松市個別国語塾

なんですよね。

 

塾の先生をやって長くなります。その間に培ってきた指導技術は、僕の中では特別なものでもありませんが、世の中からすると、特別なものとして価値があるようです。

 

だから、国語ができるようにするために、結局僕がやるしかないのか、と思い至ったわけです。

 

 

塾を継続するという決断をしたからには、しばらくはやります。最低あと5年はやるつもりです。

健康であればできると思います。

 

生徒数が激減したらどうするか?

 

まあ、それはそれで良いのではないかと。むしろ、ゆったりのんびりと指導できて良いかもしれません。

一人一人のスペースも広く取れると思うので、広い個別のブースを設置したり、冬場はこたつスペースを取ったりするのも良いですね。

絶対に爆睡するな・・・笑

まあ、それもまた良しと。

 

 

「うちは高校卒業まで絶対に通います」というご希望をいただいています。

その子の年齢を考えると、2029年度末まで、つまり2030年3月ですか・・・。

長いね~。

 

その頃までには、こたつスペースを整えておきたいと思います。

 

何というか・・・

超IT化した、スーパープライベート寺子屋的な塾ね。

本もたっぷり、ミカンもたっぷりあるよ。

 

 

 

 

コース案内&入塾ルート&受け入れ態勢情報