1家に1冊どうぞ

高松国語塾EQZ塾長です。

今回は、書籍のご紹介です。塾生の約3分の2が高松高校に合格進学する塾の塾長が言うことですので、信頼していただけるかと思います。

小学生のうち、或いは、まだ受験学年でないうちに、言葉の数を増やしていくための書籍です。

 

ぴったりことば さがしブック

これお勧めしておきます。1家に1冊どうぞ。小学生はもちろんのこと、中学生でも十分使えますよ。

タイトル部分に「10才までに覚えておきたい」とありますが、本当に10才まで覚えてしまえば、もう天才的ですよ。

僕も読みながら「あーなるほどね」と感心することしばしば……。

とは言え、「読み物」ではありません。言わば、「辞書代わり」でしょうか。

 

読み物ではないので、ある程度の時間で集中して読むものではありません。むしろ、隙間時間の活用に良いと思います。5分あれば見開き2ページを読むことができます。

いつでも手にとれる場所に置いておく。

◆5分あれば開く習慣をつける。例えば、ご飯を食べたら5分だけ、この本を開くとか。

適当にパッと開く。どうせ順番にやっていても途中で分からなくなったりします。目的は、語彙力の増強です。前から順番にしなければいけない理由はありません。

◆2ページ分に出ている言葉を、音読していく。言葉だけでなく、そこに出ている例文も音読する。

◆意味が分からなければ親御さんに尋ねる。

◆できれば2回3回繰り返して読む

のような使い方が良いかと思います。

本当のことを言えば、「書くこと」「読むこと」両方できれば良いのですが、大げさになってしまい、続かなくなる可能性もあります。ですので、「読むだけ」でも良いです。

 

音読は、日頃から生徒にも勧めています。「口でも覚えなさいよ」と。

考えてみれば、新しい言葉というのは、机上だけでなく、口頭で使い始めることは多いですよね。人が使っている言葉を耳で聞いて、それをそのまま口に出してみて覚えることも多いはずです。読んでいる最中に出てきた新しい言葉も、なじませるために小さく呟いていることも多いと思います。

つまり、口で覚えているのです。

読みながら発音すれば、その音声は耳に届きます。目から口から耳から情報が入ってくるのです。一石三鳥ですね。

 

言葉の数が少ないと、どんな悲惨な結果になるのか、保護者説明会でもお伝えしております。

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」

以下、中身を少しだけ掲載しておきますね。