100%YES

高松国語塾EQZ塾長です。ついに100%達成しました。

まあ、ある時、そこにいた塾生に聞いただけなんですけどね。

うちは国語塾ということもあって、兼塾が100%です。通っている塾で国語を習っている子もいるみたいですし、国語だけを個別指導などで習っていた子もいます。そういった塾と比べてどうよ? という質問です。

驚くべきことでもありません。実際、丁寧にみていますから。まあ「100%YES」だと確信があるから聞いたのですけどね……。

参考記事:個別国語

生徒はみんな、今通っている塾の指導ではダメと思っているわけです。それは、各塾での指導の様子が分かる教材をみたり、生徒の話を聞いて分かることなのですが、それ以前にもっと分かりやすいことがあります。

5科目の塾に通っているのに、なぜEQZに来ているのか?

という単純な事実です。

今通っている塾に追加して更にうちに通うとなると、時間も労力も費用も負担が大きくなります。にもかかわらずEQZに通ってくると。尚且つやめる子もいません。

その事実だけで十分わかることでしょう。

 

一人ひとりの答案をじっと見ます。「読む」+「解いた跡を追いかける」のです。

そして、「考え方があっているか否か」「本文中、目をつけるところが正しいか否か」「言葉の使い方が正しいか否か」「記述は文法的におかしくないか否か」「選択肢を選択する手続きは正しいか否か」などを答案から読み取ります。聞き取りもします。

そして、「もう一度最初から考え直すのか」「段落・場面を提示して解き直しをするのか」「語句に線を引きながら解説の上、解き直しをするのか」「記述回答を再度読み直して訂正するのか」などの判断を、本人の能力と問題の難易度を照らし合わせて即時に判断します。

語句の意味が分かっていない時、抽象度の高い文章の時、「どこを読み取るべきなのか」「どうやって意味を追いかけていくべきなのか」を提示することもあります。

 

えっと、当り前ですよね?

こういう指導を受けていないのであれば、「では何をしに塾に行っているのですか?」と尋ねたいです。

保護者説明会にて、国語ができない要因を分析し、具体策を提示しています。まず話を聞いてみてください。

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」