個別国語

高松高校合格専門国語塾EQZ、塾長です。

当塾は国語の個別指導塾です。一人一人の答案を全部見て「その子に応じた指導」を行っています。その子の学力、考え方のクセ、解き方のクセを把握したうえで、丁寧に見ます。以下、記述問題の指導の様子などを掲載しますが、他の問題も「正しい解き方」になっているかどうか確認しながら進めています。

記述問題

記述問題を見ている様子です。

60字の記述、「前半OK,後半OK,だけど、中盤がダメ、使っている言葉が悪い、違う段落から文字を引っ張ってきているので△だ。あ、前半OKって言ったけど、文法的におかしな点発見、ごめん、やっぱりダメ。」と言っています。

生徒の書いた答案を一人ずつ見て指導しています。当然ですよね。理解度、能力、クセは一人ひとり異なっています。状況を把握しながら丁寧に見ます。

自分の記述の書き方の何がダメなのか、読解問題の解き方の何がダメなのか、知りたくはないですか? なぜダメなのか分からないまま放置していませんか?

古文

次は古文です。これは、問題文のところですね。語句の意味、文法、意味が取りにくかったところを個別に説明していってます。現代語に訳していってもらい、その子の理解度を確認しています。

古文の理解度、語彙、文法の知識も一人ひとり異なります。それに応じて指導していくのは当たり前ですよね?

文法問題

文法です。これまた厄介です。ちゃんとできる子は皆無と言って良いでしょう。

できること分かること、できないこと分からないことは一人ひとり異なります。ですので当塾では個別に対応して説明します。当たり前ですよね? 

と、しつこく「当り前ですよね?」と繰り返していますが、大手塾ではこんな指導ができないのも「当たりり前」ですし、そんなことを知っているのも「当たり前」でしょう。

参照:大手塾の惨状 まあ、酷いもんじゃないですか?

指導者側の能力

個別指導と言ってもマンツーマンではありません。当塾は自由時間制なので、入れ代わり立ち代わり、生徒が来たり帰ったりします。同時間帯に複数人数がいます。小学生から高校生までいます。

生徒がそんなに何人もいて指導できるのか、と思われますか? まあ、そういうのは指導する側の能力次第ですから。いくらマンツーマンであっても、指導側の能力が低ければ全く意味がありません。というか能力が低いからマンツーマンでしか指導できないんですよね。

先生が採点している間の待ち時間というのも一切ありません。生徒から休憩したいという申し出あったら休憩して可ですが、そうでなければ、時間は無駄には使いません。待たせません。そのぐらいのことはちゃんと考えています。

もし僕の能力が低くて複数人数の指導ができず、生徒が満足できないレベルあれば、生徒はみんな止めていくでしょうけど、誰もやめません

高松高校、高松一高等、上位校に行く子ばかりです。そういった子たちであれば、僕が言っていることに納得ができるんだと思います。「なぜダメなのか、どこは良いのか、完全に〇にならないのはなぜか」一人一人の答案に書き込み、それぞれの理由を提示します。×になるのも、〇になるのも、△になるのも合理的に解釈ができるからだと思います。

具体策のない指導者のように「気合が足りないから×」、とは言わないのです。「もっと頑張れ」とも言いませんし、「もっと自覚を持て」とも言いません。理屈を理解した上で練習を繰り返すだけなのです。

できない要因と具体策

テストで悪かった…と答案を眺めてその原因を探ろうとしても、回答は得られないと思います。その答案だけ見てもダメです。根はもっともっと深いはずです。昨日今日できなくなったわけではありませんから。

なぜできないのか? 様々な事例を紹介しながら、その要因を探っていきます。そして、それらを踏まえて、「ではできるようになるためには何をすれば良いのか」という具体策を「国語の危機を救う保護者説明会」にて提示します。お出かけください。

保護者説明会 国語の危機を救う具体策