小学生が激増中

小学生読解講座

高松高校合格専門国語塾EQZ、塾長です。

今年の夏もそうでしたが、最近は、小学生の親御さんからの読解講座のお申し込みが激増しております。しかも小学2年生、3年生という低学年からの受講が増えています。

もうここまでくると、ほとんど孫状態です……。

普段は、中学生高校生という半分おっさんみたいな生徒を相手にしているだけあって、このぐらいの年齢の子は可愛いですよね。

 

ちょっと待っていてくださいね。

受講のご希望をいただくのは嬉しいのですが、受講までは少しお待ちいただけますか。お待たせしてしまって申し訳ございませんが、満席状態なのです。

これから受験シーズンに向かいますので、お待ちいただく時間が長くなるかもしれません。本当に心苦しいのですが、お待ちいただけますでしょうか。

その間、代わりと言っては何ですが……ご提案です。

読書をするのももちろん良いことです。どんどん読んでいってほしいと思います。

その一方で、もう一つ重要な要素があります。身の回りのことをたくさん知ってほしいと思うのです。

 

図鑑の勧め

図鑑を、毎日1テーマ(見開きで2ページ)読むのはどうでしょうか? 日課にするのはどうでしょうか? 

かなりお勧めなんですけどね。

動物とか宇宙とか細かくテーマを区切ったものもありますが、そうではなく、お試しいただきたいのは、オールインワンタイプの図鑑です。様々なテーマが混合しているタイプです。

好き嫌い、興味のある無しは、出てくることとは思いますが、まだ一つだけのテーマに絞り込むのは早いかなと思うのです。

興味のあることだけに絞るのはもう少し先にして、今はたくさんのことを知るべきだと思うのです。世の中広いよ、ということを知ってもらうのです。

色々な興味のネタを小学生のうちには芽生えさせてあげてほしいと思います。専門的に学ぶとか、もっとマニアックな書籍を読むのは先でも間に合います。

興味の幅は広く、視野は広く、知識は広く、ということです。

 

例えば……いくつか例をあげます。

必ずしもこれでなくてはならない、わけではありません。こういった身の回りのことです。要は、オールインワンであれば良いと思います。多くのテーマが入っているものです。

図鑑って、めちゃくちゃ役に立ちますよ。めちゃくちゃ面白いですよ。大人が読んでも面白いです。

しかも、お値段が激安です。この内容量を考えれば、一桁違うんじゃないの? と思ってしまいます。

塾に通うことを考えれば、べら棒に安いですよ。

1日1テーマ読む、漢字が多かったりしたら、調べながらでも良いですし、親御さんに尋ねるでも構いません。最悪、意味があまり分からなくても図や絵を見て、大体理解してくれれば良いと思います。要は「見るだけ」ですね。

親御さんに時間があれば、一緒に読む、見るのも良いと思います。というかぜひやってほしいですね。

お子さんは毎日読む、見る。

親御さんは時間が取りにくかったら、休日にまとめて読んだ分を教えてもらってその解説を加えたりします。

 



大変じゃないのか?

読解ができる子

親が毎週、それに対して解説をしたりするのは大変じゃないのか?

習慣にすれば良いだけです。家庭の中の当たり前のことにしてしまいます。それも1週間に何時間も費やすわけではありません。親御さんが解説を加えると言っても、どんなに長くてもせいぜい1時間でしょう。

1週間にたったの1時間です。SNSをやる暇があれば楽勝でできるはずです。

もう一点付け加えておきます。

大変なこと、面倒なことをやっておかないと、将来はもっともっと大変で面倒なことになる

ということです。

いや、それ以前に、そういったことを大変と思うか思わないかで違ってきますよね。

 

そういった内容のヒント、具体策をもご提案していますので、保護者説明会にもぜひお越しください。最近は小学生の親御さんも随分多くなっていますよ。

 

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」の案内を始めております。お子さんの読解力を向上させたい、読解力をあげるヒントがほしい、という親御さん対象です。