国語塾からの転身

国語専門塾

高松市国語塾EQZ塾長です。

 

EQZは国語専門塾です。小学生中学生対象です。高校生は、当塾の中学部を卒業した子だけに限定してますので、表向きは、小学生中学生対象国語専門塾ということになります。

 

 

 

国語専門塾らしく、本の紹介なんかもしているわけです。

ブログ記事の中でも時々紹介していますし、EQZ教養書籍でも、当塾に備え付けている小学生向け書籍を紹介しています。まあ一部ですけどね。

 

実は、これらはアマゾンにつながるんですよ。

一つサンプルを。

小学3~4年生向け指定図書「たくさんのふしぎ」最新刊。

 

ね?アマゾンの表示が見えるでしょう?

 

普段はアマゾンを表示させていないのです。

下は、小学5年生6年生向け指定図書「Newsがわかる」。アマゾン表示なし版。

 

 

アマゾンがデータをくれるんですね。

どの商品がよく注文されているか。

 

では問題です。

 

何が一番人気がある(売れている)でしょう? 

数で考えましょうか。

最も注文数が多い商品は何でしょうか?

 

 

参考資料 教養書籍一覧  ※この中にあるとは限らない。

 

 

まあ分かりませんよね。

 

 

 

正解は・・・

 

 

なんと、ブタのしっぽでした。

 

まさに、何が起こるか分からない世の中を象徴しているではありませんか。

 

ブタのしっぽを紹介したことがないのにナンバー1なんですよ。

驚異的じゃないですか?

 

国語専門塾です! 

とか、

教養力をつける書籍です! 

とか言っている割に、

人気ナンバー1はブタのしっぽなのです。

 

 

うちの塾は、国語より「ブタのしっぽ」の方が人気があるのです。

評価が高いのです。

うちに求められているのは、実は国語ではなく「ブタのしっぽ」だったのです。

 

 

ということは、専門を変更すべきだということはもう明らかですよね。

 

 

というわけで、EQZは「国語専門塾」改め、「ブタのしっぽ専門塾」として生まれ変わろうかと検討を始めます。

 

 

 

ブタのしっぽ専門塾になった時には、言うまでもなく、通塾時には「ブタのしっぽ」をつけてきましょう。

 

きっと、ブタ塾とか言われるんだろうな。

 

そしたら、人気が出たりして・・・。

 

 

めでたしめでたし。

 

 

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」3月開催