塾長ってどんな人?2

高松市国語塾EQZ塾長です。

 

世の中には考えられないほど大バカ野郎な人がいます。

はい、EQZ塾長の学生時代です。

 

EQZ塾長は、学生時代どうだったのか? 勉強はできたのか? というお話「中学生篇」です。

 

バカ野郎すぎるので、決して真似をしてはいけませんよ。

 

「塾長ってどんな人?1」はこちらから

 

 

中学1年生の最初の中間テスト、何をすれば良いのかさっぱり分かりませんでした。機嫌よく遊んで、テスト前日に国語の漢字だけ仕上げていきました。

 

出たとこ勝負です。

 

学年約200人中4位でした。

 

これが間違いの元でしたね。

はっきり言って、これで勉強を舐めました。

 

は? みんな、そんなもんなの? 

というのが正直な感想でした。

 

 

「勉強なんか、やればいつでもできるでしょ」と勉強を完全に舐め切った人間の成績が良くなるわけがなく、下降の一途でした。

そして、順調に下がり続け2年生の中頃には平均点レベルまで下がっていました。

 

成績を上げるのは大変ですが、下がるのはすぐです。何もしなくても下がります。

というか何もしないから下がるのですが・・・。

 

ただ、不思議なことに、何もしなくても平均点レベルより下にはならないのです。

つまり、そのあたりが自分の下限であり、当時の実力の適正な位置だったのでしょうね。

 

慣れとは怖いもので、平均点レベルの点数でも特に何も思うこともなくなるわけです。

 

そして何より怖いのは・・・

 

 

中学3年生になっても相変わらずでした。1年生の最初が200人中4番だったのが、中学3年生の2学期には120番ぐらいまで落ちました。

 

なかなか凄まじい落ち方です。

落ち方としては、お見事でしょう?

 

なぜそんなにできないのか? その原因は、僕の中では割と明らかです。

 

それは

良い点数を取ろうという意思がなかった」ことです。

 

要は、「テストの点数なんかどうでも良い」と思っていたわけです。

 

最悪ですよね。

完全に勉強を舐め切っています。

 

志望校を決める頃、担任の先生からの説得がありました。

 

「その志望校受験者の中でお前はビリから2番目だ。受からない。志望校を変更しろ」

→いえ、変えません。

 

「せめてすべり止めの私立を受けろ」

→いえ、受けません。すべり止めの学校に行くつもりないんで。

 

志望校には到底合格できないレベルにもかかわらず、すべり止めすら受けるつもりなし。

 

「まあ、やればできるでしょ」

という思いが根本にあるんですね。

 

でも勉強をするわけでもない。

 

最悪です。

 

 

中学3年生の1月の診断テスト、これがやはりいつも通りでした。

つまり、平均点レベル。

つまり、合格できない。

 

診断テストが終わった瞬間、「ダメだ!これでは受からない!」と叫んで、その後の授業やホームルームをすっ飛ばして、家に帰って速攻で勉強を始めました。

 

ついにゴングが鳴ったわけです。

一瞬でスイッチが入りました。

 

 

まあ、そこからは怒涛の勢いで勉強しました。

人生で最も集中して勉強した期間だと思います。

 

寝ているとき以外は全ての時間を勉強に費やす。食事中、入浴中、学校の休み時間、全て勉強。

問題を解けなくても頭の中で復習はできますので。

 

受験まであと2カ月、ビリから2番、軽く合格圏外、すべり止めなし、塾にも通っていない

 

果たして間に合うのか?

 

ラストとファーストを掛け合わせたスパート。

 

怒涛の追い上げ。

ごぼう抜き。

 

結果、

 

入試では、250点満点でいうと239点で合格です。

 

中学校の先生によると、うちの中学校ではトップらしいです。

 

「ほらね、やりゃできるでしょ、っていうか取り過ぎたか」

と鼻高々です。

 

でもね、一つだけ後悔があるんですよね。

 

社会で1つ間違えたんですよ。

社会は満点とれると確信していたので衝撃的でした。

しかも分かっている問題です。今でもその問題をはっきり覚えています。

だから、相当ショックだったんでしょうね。

 

 

当時、塾には通っていませんでした。だから勉強は全て自力です。

 

良い点数が取れたのは、一つは、分析です。診断テストの答案を調べて「何ができていないのか?」「どうすれば得点できたのか?」を自分で割り出したことが大きかったと思います。

 

あとは、

背水の陣での覚悟ですかね。

もうやるしかない、すべり止め受けていないし、点を上げなきゃ高校生にはなれない、という危機感ということでしょう。

 

もう一つ、良かった点。

追い込みの受験勉強時期に「国語の読解の勉強はしていない」です。

これはやはり「やらなくてもできたから」です。

読解力があったというのは、高得点を取れた要因の一つだと確信しています。

 

 

でもね、はっきり言ってバカですよね。そこまで追い込まれなければできないというのは。

 

だから、良い子のみなさんには、こういったやり方は絶対にお勧めしません

 

こういった自分の経験から、受験が近づく前から地道にやっておけよ、というつもりで日々学習に取り組んでもらっているわけです。

 

逆転合格と言えば格好良いけど、逆転なんかせずとも今のままで十分合格できる、という状況が一番望ましいですからね。

 

 

僕のような勉強法は決してお勧めはしませんが、一つだけ、伝えておきたいことがあります。

 

諦めなければ、そして、本気になれば、どうにかなる

 

ということですね。

合格ラインまであと10点ほしい・・・このぐらいの話であれば、1カ月2カ月あれば十分ですよ。

 

結局、本人が覚悟を決めてやればどうにかなります。

逆に言うと、いくら周りが言ったところで本人がしなければ・・・ということですね。

 

精神論的にはなりますが、どんな状況であろうと、勉強以外であろうと、本人の覚悟というのは全てのベースになっているわけです。

 

 

まだまだ諦めず、できる限りのことはやろうね、という受験生へのエールでもあります。

 

 

 

さて、お子さんが受験で苦しまないように、ちゃんと読める子になるように、何を意識しておくべきなのか。親は何をすべきか? そういったお話をさせていただきます。どうぞお越しください。

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」3月開催