保護者説明会申し込み方法変更

高松国語塾EQZ塾長です。

まもなく参加者が100名を超えようとしている保護者説明会「国語の危機を救う具体策」、今後、お申し込みの方法を少し変更します。



今までは、日程発表→お申し込み受け付け、という流れが一般的でしたが、今後は

■事前申し込みした方のみ、開催の日程をご連絡する

という方法に変更します。

ですので、「お子さんの国語力や学力に懸念を抱えている」親御さんには、まず事前申し込みをしていただきますようお願い申し上げます。

 

事前申し込みしておいたが、開催日時の都合がつかなかった場合は、その次の開催のご案内を優先的に差し上げます。



「読むことに困らない子になってほしい」もっと言いますと、「読解力に不安を抱えずに、読むことが楽しめる子になってほしい」という願いで開催しています。私が提唱する具体策を実行していただければ、そういったお子さんになれるはずです。

お子さんの国語力に対して真摯にお考えになる親御さん、国語の勉強のヒントをお探しの親御さん。説明会は、「保護者」説明会であり、親御さんが行こうと思えば参加できる話です。まずは親御さんから始めてみてください。

 

以前からそうですが、参加した方からは「目からウロコが落ちた」というご意見をいただきます。同じように何人からも言われます。

この事実から何が言えるか?

 

「人間にはウロコがある」ということですよね?

 

いや、そういう話じゃない。

 

恐らく、皆さんが思いつきもしなかったことを申し上げいるからだと思うんですよね。

塾長は、集団生活ができないし、根性はないし、集中力もないし……いろいろな面でダメ人間ではありますが、「国語がなぜできないのか」「国語ができるようにするには何をすべきか」という考察の部分においてのみ、皆さんよりは若干深く考察をしているつもりです。それをお伝えしてまいります。

 

塾生の70%以上が、高松高校・高松一高に合格します。ですので、ピント外れのことは言っていないはずです。

一度考えるきっかけをお持ちになってみてください。お会いできることを楽しみにしております。

 

保護者説明会 国語の危機を救う具体策