英語資格試験適用延期

秋の夕日

大学入試改革に合わせて適用されることになっていた英語資格試験の活用は一旦延期になりました。

それ以外の発表はないようですが、ということは、英語は共通テストだけの入試になるということです。

ですので、間違えてはいけないのは、英語の勉強が不要になるというわけではない、ということです。

英語の資格試験を勉強していた人はそれが無駄になるわけでもありません。

資格試験を入試の制度に組み込まないというだけで、英語の力というのは依然として必要です。現在の入試でも必要なのと同じです。

以前から申し上げている通り、高校入試でも英語の問題の改革が進んでいます。

公立高校入試は県単位で実施するので、運営母体が小さい分、動きが速いのでしょうね。

高校入試では英語は、単に英文を読むだけの話ではなくなってきています。

英文が読めるのは当たり前で世の中のことを知らないと、何を書いてあるのか理解ができません。

◆世の中のを知る

これらの言葉の意味や特徴、良い点悪い点などの説明はできなくてはなりません。最近では、マイクロクレジットマイクロファイナンスがテーマになっている県もあります。

国語の長文や作文でもその傾向はあります。ですので、世の中を知らない子は、入試には勝てなくなります。

ここで書いたクエスチョン、お子さんにしてみてください。当然、親も分からなければなりません。中3生でもそれなりの人数は答えられますので。

EQZライン配信中です。主に大学入試改革に関する情報をお送りしております。

たまに・・ですけど。

高松高校合格専門国語塾
高松高校合格専門国語塾EQZライン登録