見極めの目

高松高校ボーダー

高松高校合格専門国語塾、EQZ塾長です。

高松高校他上位校に合格者があまり出ない塾は怖いです。見る目がないので怖いです。

高松高校への実績がほとんどない某塾に通っていた生徒が、当塾に来たことがあります。できれば高松高校に行きたいという子です。その某塾では、できない子が多く、その子は「かなりできる子」「相当優秀な子」という評価を受けていたそうです。

とんでもないです。僕の目から見れば全然できていません。合格に必要な基本事項がほぼできていない。危ない危ない。そういう見る目がない塾だと、ボーダーのギリギリの線とか、どの科目の何が弱いのかという判断ができないのでしょうね。つまり、評価が大雑把すぎるのです。

これが通っている子の層の違いです。平均的な成績の子ばかりだと、高松高校志望者が優秀生に見えて「よしよし、よくできる子だね」という評価になるのでしょうけど、高松高校志望者ばかりの中に入ると、どのぐらいなのかが鮮明に見えてきます。

これが、ずっと高松高校、高松一高に合格者を出し続けた当塾の見極める目に繋がります。何が足りないのかがはっきり分かります。

たまにしか高松高校に合格者が出ない塾の視点と、毎年毎年合格者を出し続けられる塾の視点と、どちらが信用できるのか? という判断をしてほしいですね。それも塾の価値の一つではないでしょうかね。

EQZの合格実績を確かめる

いかに、高松高校高松一高に合格している人が多いのか分かると思います。この割合は、市内でナンバーワンだと思います。断トツで。

 

友だち追加 主に大学入試改革に関する情報をお届けしています。