一瞬でできるようになる

読解問題の解き方のルール

高松高校合格専門国語塾EQZ、塾長です。

一瞬で点数を伸ばすことができる方法とは……

まあ、そんな方法は存在しません。魔法使いじゃあるまいし。そんな方法が存在するのであれば、みんなやっていると思いませんか? その結果、みんな東大でも京大でも早慶でもどこでも好きな大学に行けますよね? そうなっていないということは、そんな方法は存在しないし、そんな方法がないかな?と考えること自体がすでに無駄な時間労力になっています。

一瞬で、あるスポーツができるようになる方法は?

一瞬で、プロ並みに歌唱力がつく方法は?

一瞬で、新入社員が社長になる方法は?

考えること自体バカバカしいですよね。いくら常識に縛られるなと言っても、さすがにそういった方法はあるはずがありません。

国語の読解問題ができないという場合、ずっとずっと放置してきているわけです。マイナスを食らっているわけです。それをプラスに持って行って、更には高松高校合格ラインまで持って行こうとするのであれば、多大な練習量が必要になってきます。

多大な練習量と言っても、闇雲に解けば良いというわけではありません。

まずは、読解問題の解き方のルールを身につける。その後、様々な問題を解いて、どのルールを適用して正解にたどり着くのかを練習していく必要があります。同じ問題というのはありませんからね。たくさんたくさん練習する必要があるのです。

ということは、ちょっと考えればわかることです。

この流れから言うと、読解問題の解き方のルールを身につけていない人は、スポーツや芸術でいう基礎ができていないのです。基礎ができていない人は応用もできません。これまた当たり前の話です。

高松のどこの塾でも教わったことのない、と生徒が言う「読解問題の解き方のルール」……全ての始まりはここからです。