読めない子の衝撃

国語ができない

保護者が読んでおくべき書籍の紹介です。

大ヒットと言ったらおかしいかもしれませんが、非常によく売れた書籍です。

それだけ、内容が衝撃的だったわけです。

当塾にて実施している保護者説明会でも取り上げたことがあります。

以下の青文字は有名な例題の一つです。


「Alexは男性にも女性にも使われる名前で、女性の名Alexandraの愛称であるが、男性の名Alexanderの愛称でもある」という中学校英語科の教科書から引用された文章を読み、「Alexandraの愛称は何か」を選択肢でたずねたところ、「Alex」と正答できたのは、中学生が37.9%、高校生が64.6%だった。


衝撃的でしょう?これが読めないんですよ。きっと「愛称」が分からないからという理由も多いでしょうね。

語彙力がない子は救えないです。