時代にあった子

高松市国語塾

親が考えるべきことの一つには、時代を把握すること、理解することです。

だから、言い換えると、昔の価値観なんかで考えてはダメ、ということです。最悪なのが、親が自分の学生時代の頃を思い起こして判断することです。そんな大昔の価値観で考えていたら、果てしなく時代に合致しない子になります。子どもが時代の状況を理解して、そこから将来を見据えて、すべきことを判断できなければダメです。

YouTuberになりたい小学生が多いそうです。それに眉をひそめる大人も多いようです。

なぜですかね? なぜ眉をひそめるんでしょうかね?

1本の人気動画を作るためにどれだけの労力と時間がかかっているのか、を判断できるのであれば(←ここは重要)、YouTuberになって広告費を稼ぐというのは、真っ当な考えだと思います。時代に合致していますよ。

また、YouTubeは今後どのように変わっていくんだろう、次の時代にはどうなるんだろう?と推測し、対処できるとベストです。

YouTuberで上手くいっても、すぐにダメになるという人もいますが、なぜそんなことが言えるのかが不思議です。分からないじゃないですか。従来の価値観に支配されていませんかね?

むしろ、YouTuberとして稼げるようになるということは、時代に合致できている子ということですから、今後の時代の流れをキャッチアップしていける可能性が高いと思います。

YouTuberは安定しない…という意見もありますよね。これも昭和の発想です。安定は自分で生み出すものです。与えられるものではありません。

でもね、YouTuberがダメになっても、一分野で成功できた人って、他でも成功できるんですよ。それは、成功の方法を知っているからなんです。それが大事なんですよ。その目的に達するための方法を知っているっていうことが。

一つの事例ではありますが、「YouTuberなんてダメ、うちの子にはさせない、反対!」と思った人には、二つの点で間違いがあります。

・「うちの子にさせない、反対!」 それをするか否かは親が決めることじゃないっていうこと

・「YouTuberなんて」と思う時点で、昭和です。時代に相当乗れていません。子どもの将来に、昭和の価値観で口出しをしてしまっている可能性があります。

親世代が育ってきたのは昭和です。もう二世代前です。子ども達は変化の激しいい令和を生き抜かなければならないのです。

昭和後半で育った人が、昭和の前期、戦前の価値観を受け入れられないのと同じことですよ。