12月のお楽しみ

高松国語塾EQZ塾長です。

少し気が早いですが、12月にいろいろなイベント系を考えております。さて、どんなことをするのでしょう?



12月のイベントと言えば、クリスマス絡みが多いかと思います。EQZでもついにクリスマスイベントをするのか?

あ、いや、やりません。以下の二点がクリアーにならない限りやりません。

・なぜ、塾でクリスマスイベントをやる必要があるのか?

・なぜ、異宗教の誕生祭(正確には、降誕祭だそうです)をお祝いしなければならないのか?

 

クリスチャンの人が祝うのはもちろん分かりますが、塾長は仏教徒なものですので、クリスマスを祝う必然性が見当たらないのです。しかもそれを塾で祝う必然性も見当たりません。

当塾でのイベントは、そういう系統のイベントではありません。



まず、全国模試はやりましょう。

昨年も12月に実施しました。今年もやろうと思います。年に1回ぐらいは実施しても良いのではないかと。まあ、本当はもうちょっと回数を増やしても良いかもしれません。

対象は、小学1年生~中学2年生まで。塾生以外の方も受けていただける予定です。※中学3年生は塾生限定で実施しようと思っています。

日程や時間が選択できるスタイルですので、受験しやすいかと思います。

 

決まりましたらまたこのサイトで発表しますので定期的にご覧下さい。

 



これは、塾生限定になります。現在行っている教養読書の会の延長線上で「精読の会」をやってみようと思います。

 

一冊の書籍を徹底的に読んでいく。「読んでいく」では表現しきれていないですね。「読み解いていく」といった方が良いかもしれません。読むだけで終わらずに、内容を精査し、完全に内容を把握理解していこうとする試みです。

「ざっと読む」の対極です。「速読」とは真逆です。

1時間で1ページしか進まなくても良い。言葉を理解し、文意を理解し、段落全体、文章全体の趣旨を理解していくようにしたいわけです。言ってみれば「遅読」です。

もちろん、それが必要だと思っているからです。王道をいきたいのです

この「精読の会」は、小学3年生~中学2年生を対象として考えております。



これも塾生の親御さん限定です。内容はちょっと表では言いたくないので伏せておきます。

 

しかし、お子さんの将来を考えると、非常に重要な要素なのです。それを親御さんに知っておいてほしいと思うわけです。

塾長が話すのではなく、その道の専門家をお呼びして説明会形式で開催したいと思います。



これは、今までもずっとお知らせしている保護者説明会です。どなたでもご参加いただけます。

既に大勢お申込みいただいており、尚且つ、お待たせしてしまい申し訳ございません。12月には時間が取れそうなので開催を予告しておきます。お申し込み済みの方には、優先的にご案内をお送りします。

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」



読解講座に関しては、受付をしないわけではないのですが、受講していただけるのは随分先になってしまいます。

 

現在順番待ちの方は、2022年1月から受講開始になる予定ですが、現在お待ちになっている方だけで3月4月頃まではいっぱいになる見込みなのです。

塾長も柄にもなく一生懸命働くわけですが、それでもいっぱいなのです。ですので、今お申込みいただいても実際の受講は(早くて)来年夏頃になる見込みです。

また、来年度の中学3年生は、受け入れはほぼ無理かな?と思います。現中学2年生の在籍生、お申し込み済みの方で満杯の見込みです。

 

そんなわけで、12月にはイベントを予定しております。

 

塾生限定イベントもありますが、EQZが初めての方も、

・全国模試
・国語の危機を救う具体策 保護者説明会

にはご参加いただけます。一度お会いしましょう。