高松高校合格点

高松高校受験のうわさ

高松高校の合格最低点、いわゆる合格ボーダーの基準は、一般に言われているより、ずっとずっとずっと低いですよ。
そもそも、入試当日の点数だけでは合否は決まりませんよね? 内申点も重要なのです。それを語らずに、合格ボーダー点数だけ語っても仕方ないことです。

ここで確認してみてください。→→  香川県の公立高校入試用の内申点計算


根拠のない噂が飛び交っていて、大笑いします。
その代表的なものは、高松高校は内申点は関係ない、ですかね。

では、高松高校が内申点は見ていないということが事実なら、高松高校は公立高校入試制度を無視しているということなんですね? 公の教育機関が堂々と不正をしているということなんですね? 全国ニュースになりますよ、そんなことしていたら。

常識で考えればすぐに分かることです。

こんな噂に驚いて、尚且つ、したり顔で話してまうということは、いかに自分が常識がないのかを吹聴しているようなものです。

周りがどうだろうと関係ないです。自分がすべきことをしていれば、自動的に合格基準点は超えていきます。

 

絶対的な練習量は相対を無力化するのです。

最近は、高松高校も難しいから、〇点取らないといけないらしい、というのもよく聞くうわさです。

最近難しくなったのではありません。昔から難しいです。というか昔の方が難しかったのです。今は、まあ受かりますよ。かなりボーダーも下がっていますからね。

 

是非聞きたいことがあります。内申点を見ないとか、作文を採点しないとか、もしそうだとして、一体何をするつもりなのでしょうか? ない視点を無視した中学校生活を送るのですか? 作文の練習なんかはしないわけですか? そう考えれば噂を気にすることがが、いかに無意味なことか分かりますよね。真っ当な人なら。

 

入試というのは相対評価です。だから、入試問題の難易度、倍率等は大きな関心事だというのはもちろん分かります。ドキッとするような噂を聞くと心配になってしまうのも分かります。私もかつては受験生を持つ親でしたから。

でもね、最も大事なのは、自分の実力をつけてそれを入試で発揮するということです。

自分の力を高めるというのは、高校入試大学入試だけの話ではありません。今後ずっと続く人生においても同じことです。

絶対的、圧倒的な練習量を積み重ねることが自信になります。自信がつけば周りはどうであっても気にならなくなります。つまり、絶対的圧倒的練習量は、相対を無力化するというわけです。

 

地道にコツコツと努力を積み重ねて己の力をつけていく

これは、私自身の人生の方針でもありますし、生徒たちにもそうしてほしいと思って指導しています。地道に努力を続けていくしか方法はないと思います。周りがどうのこうの関係ないでしょう

周りが落ちてくるのを待ちますか? 違いますよね? 自分が這い上がれば良いわけですよね? 継続した努力で自分が力をつければよいのではないでしょうかね?

自分との闘いと言う言葉もあります。趣旨としては分かりますが、別に闘わなくても良いです。決まったことを当たり前のようにやってくれるだけで良いです。

今の実力がどうであれ、もっと勉強ができるようになりたい、もっと点数を高めたい、と己の力を高めようと思う人は、当塾に来てください。

 

高松高校合格専門国語塾EQZの合格実績

高松高校合格への第一歩、読解量をまずは確保する。

 

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」の案内を始めております。お子さんの読解力を向上させたい、読解力をあげるヒントがほしい、という親御さん対象です。

友だち追加
主に大学入試関連情報を配信中