自信の裏付け

香川県診断テスト

自信って誰も持っていないですよ。「自信をもってテストにテストに臨め」なんて簡単に言いますけどね。自信どころか不安の塊ですよ。

それをね、少しでも和らげるものは練習量じゃないですか?「自分はこれだけやった、だから合格するんだ」と。

自信を支えるものは練習量。学習面で言えば演習量。つまり、どれだけ問題をこなしてきたか、ということです。

不安感を増幅させるのは、練習量の不足です。直前になって、あれもやっておけば良かった、これもやっておけば良かったという思いが沸き上がって、不安が広がってしまうのです。

うちの塾生にはそういう思いはさせたくないんですね。

入試他テストの前には、自分がこの1年間取り組んできた問題集とノートを積み重ねてみてください。「これだけやってきたんだな」と実感できることでしょう。そして、取り組んできた自分を信じることができることでしょう。

その実感が自信になるんです。