親知る

できる子にするために親が知っておくべきこと

家庭環境の差

高松市国語塾

新井紀子先生の新刊が出ています。読むべきです。 家庭の語彙量の差をそのまま反映してしまう 上記書籍より 生活体験値が少ないんですよね。だから、世の中のことを何も知らない。語彙が全然広まっていかない。狭い狭い家庭の中だけで通じる語彙力で終わってしまっている。 大… 続きを読む »家庭環境の差

時代にあった子

高松市国語塾

親が考えるべきことの一つには、時代を把握すること、理解することです。 だから、言い換えると、昔の価値観なんかで考えてはダメ、ということです。最悪なのが、親が自分の学生時代の頃を思い起こして判断することです。そんな大昔の価値観で考えていたら、果てしなく時代に合致… 続きを読む »時代にあった子

読めない子の衝撃

国語ができない

保護者が読んでおくべき書籍の紹介です。 大ヒットと言ったらおかしいかもしれませんが、非常によく売れた書籍です。 それだけ、内容が衝撃的だったわけです。 当塾にて実施している保護者説明会でも取り上げたことがあります。 以下の青文字は有名な例題の一つです。 「Al… 続きを読む »読めない子の衝撃

世の中を知っておく

高松市国語塾

おもてなし無人レジインターネットの功罪地産地消人口減少廃校の利用AI里山災害時のSNS利用SDGs 最近の公立高校の入試問題で出されたテーマです。しかも英語長文の内容です。 こういった世の中の動向を表すキーワードには敏感になって、大体の趣旨を理解していないと、… 続きを読む »世の中を知っておく