残席僅か

高松市国語塾EQZ塾長です。

 

12月18日(日)14:00~16:00 高松市中心部にて開催

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」

 

残席僅かです。

あと少しで締め切ります。

座席自体は、まだありますが、あまり混み混みになるのも好ましくないので。

 

 

 

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」3月開催

 

 

第1部として、大学受験、及び、指導要領改訂に関するお話も少しします。

 

学校の現場での学習はどうなっているのか?

今後どうなるのか

そして、

大学受験の状況はどうなのか? 

どんな問題に対応しなければいけないのか?

等々。

「どんな前提で学習を考えていかなければいけないのか?」というお話です。

「敵を知る」と言えば大げさですが、ちょっとそれに近いかな。

 

 

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」3月開催

 

 

そして、メインである第2部では、

なぜ国語ができないのか?その5つの要因

できるようにするための具体策

です。

 

まず、できない要因を正しく把握する。

ここが間違っていると、その対策もとんでもない方向になってしまいます。

よくあるパターンとしては「読書をしないから」

こういう要因を前提にすると対策は「読書をする」になってしまいます。

 

要因の分析が間違っているので対策も間違う

結果的に、何も好転しない。

 

更に、よくあるパターンとしては、抽象的な対策を持ってくることです。

「できるだけ頑張る」とか「~~しないよう注意する」等々。

 

もちろん、気持ちをしっかりと維持することは大事ではあります。

例えば、「国語を何としてもできるようにしたい」という思いはなんら否定するものではありません。というかそれが土台にあるのは前提です。

 

ただ、気持ちだけではできるようにはなりません。

具体策を実行していくことが必要です。

そのヒントをお伝えします。

 

「うちの子、なんだか国語がで来ていない気がする」

「言葉が幼稚な気がする」

「国語ってどうやって勉強したら良いんだろう?」

のような思いがある親御さん、一度お越しください。

 

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」3月開催