コツコツの威力

国語の勉強

高松高校合格専門国語EQZ、塾長です。

勉強はコツコツとやらなければならない、という主張はあちらこちらで見かけます。皆さんもそう思われているかもしれません。私もそう思っています。

では、実際、コツコツやるってどういうことやねん? というお話をとても具体的にお伝えしたいと思います。ですので、丁寧に読んでいただければ幸いです。

尚、「勉強なんてテスト前、受験前にちょこっとやれば良いんだ」という発想の、頭が軽い人は、この先は読む必要はありません。

高松市国語塾 英単語暗記

今、実際に当塾でやっていることをお話します。分かりやすいところで、高校生の英単語のお話です。当然、大学受験を前提にした勉強をしています。

大学受験では長文を読めなくてはなりません。その長文を読むためには単語を知らなければなりません。しかし、単語を覚えようと思っても一気に覚えることはできません。10個20個覚えれば良いというわけではありませんので。

今、塾生の高校生諸君は英単語帳を持っています。だいたい2000語ほど収録されています。大学受験に必要な英単語数は、それぐらいある、最低2000語積み重ねる必要があるということですね。

2000語ともなればすぐに覚えられるレベルの数ではありません。となると、長期戦になります。高3の夏ぐらいまでに覚えきれていると楽になるはずなんですね。ですので、高1の入学から高3の夏ころまで大体30か月ぐらい。ですので、1か月あたり66個ぐらい覚えれば間に合います。1週間だと17個ぐらいです。まあちょっと多めに見て、1週間で20個覚えていけば、高2の終わり頃には2000語に到達します。これなら理想的です。

当塾では目安として1週間に30個を課しています。これだと、17か月、つまり、高2の夏頃には2000語に到達するのです。非常に素晴らしいペースです。

1週間に30個ということは、1日に5個で十分です。たったの5個で良いのです。どうにかやっていけるでしょう。

もちろん2000語は一つの目安ですから、覚えようと思えばもっと覚えて良いのです。2000語到達して気を緩めずにそのペースを高2の間、覚え続けると、高2の終わりには3000語近くまで到達します。これは凄いです。驚異的です。

英単語の数だけだったら東大もいけるかもしれません…笑

1日5語の威力というのは侮れませんよね。すさまじい力を発揮するのです。

 


読解を続ける 地道さ

中学3年生を卒業した塾生諸君は、春休み期間から英単語の暗記を始めました。その後、コロナの影響で学校に行けなかった期間があったせいもあるかとは思いますが、速い子はもう1000語近くまで覚えてきました。

高1の夏前にもう半分に到達しようとしているのです。遅い子でも600語ぐらいまで来ています。素晴らしいペースじゃないですか。コロナ休校を全然無駄にはしていないわけですね。

原則、1週間に30語としています。前述した通り1日5語覚えれば十分に間に合います。1日5語の単語暗記、できますか? できませんか? どうでしょう?

毎日1日30語はきついです。嫌になります。でも、1日5語ならできるのです。登下校中の電車の中、学校の休憩時間に2語3語と覚えることはできます。お風呂の中、自宅学習の途中気分転換に、予備校の休憩時間、待ち時間、細切れに時間を使えば良いのです。1語=1分で大丈夫でしょう。ということは5語=5分あれば良いのです。

そう考えれば、できるかな? と思うでしょう? はい、できるのです。やると決めればできるのです。やると決めないからできないのです。実際、塾生諸君はやってきています。

 


国語を解け 努力しなくても良い

常々私が言うことです。

別に努力しなくても良い、頑張らなくても良い

1日5語覚える努力をすることを課している、と思うかもしれません。それ、努力じゃないです。日常です。日常生活の中に組み込むのです。つまり、当り前にしてしまうのです。

当り前のことは努力ではありません。ルーティンです。息を吸って吐くのと同じように、単語を覚えていくのです。

 


高松市国語塾 頑張らなくても良い

同様に、歯を食いしばって、寝る時間を削って……みたいな頑張りは不要です。隙間の時間を使って、やれば良いだけです。何と言っても、1日5分相当なわけですから。

頑張らなくても良い、普通に解いて、診断テスト230点取れば良い

これも私がよくいう言葉です。テスト当日にどんなに気合を入れようとも、そこまでに実力が備わってきていなければ、そう簡単に点数が取れるものでありません。だから、テスト当日は別に頑張らなくても良いのです。今までやってきたことを当たり前にやれば良いのです。当たり前にいつも通り問題を解いて、いつも通りちょっとミスもしてしまって、それでも230点取れば良いのです。

当然、そこに到達する道のりも、当り前にすべきことを日常に組み込めばよいだけです。

 


国語が苦手 一気は無理と思え

大学受験に限らず、高校受験においても、受験までの日程が詰まってきたらやるべきことは多いです。応用問題的なことにも取り組まなければなりません。時間がないのです。

そんな時に、英語の長文が読めない、単語が分からない、と言って、英単語を覚えていきましょう!みたいな時間は取れないのです。絶対にやっておかなければならないのにやるべきではないのです。そういう大きな矛盾というかジレンマを抱えることになります。長期的な視野がない人間はこうなります。

受験を経験したことのない生徒にそれが分かるのか? ほとんどの子は分からないでしょう。だから、私がさせているわけです。1週間に30語という負荷をかけるわけです。負荷と言っても、先述した通り、そんなに大きなものではありません。日常に組み込めるレベルです。

今、英単語の例を出していますが、勉強って他も全部同じですよ。一気にはできないのです。いや、勉強だけじゃないですね。何でもそうです。一気に上達することなんか存在しませんよ。

 


 だから親

だから、親の力が必要なのです。といきなり言っても分かりませんね。

真っ当な人間であれば、一気にできるようにならないことぐらいは分かるはずです。真っ当な親であれば、我が子の学力を長期戦で上げることを考えるはずなのです。そこを考えるのは親の役目じゃないですか。子供は分からないのですから。

当塾の高校生は上位校の生徒ばかりです。そういった子たちでも、いくら「大学受験で英単語の数は重要だから、早く覚えておきなさいよ」と言うだけでは、何も進歩がないのです。どうしても楽なことに流れてしまうからですね。つまり、今何が何でもやらなければならないことでなければ、やらずに済ませる、ということです。ましてや中学生ならもっとできません。導いていく必要があります。

親が子供の勉強の手伝いをするというのは、環境を整えるということです。英語の文法や数学の解法を教えることではありません。そんなの教えなくて良いのです。環境を整えれば、自分勝手にやって自分勝手に理解しますから。

自力で進められるようにするのか、外部の力、つまり学習塾などの力を借りるのか、それはその家庭その子の考え方次第です。何を選択するのが正解だというのはありませんが、将来を見て長期戦で取り組む環境を整えるというのは、間違いのないところです。

それは、親が考えなければならないでしょう。

当塾に通うようになったきっかけも、ほとんどは、親御さんが調べて、子供に提示して、子供が判断するという流れです。

たまに、子供自身が国語に困っていて自分で探して、希望してくるケースもあります。このケースの場合は、まず間違いなく、できるようになりますね。親が環境を整える前に、子供が自発的に環境を整えようとするほどですから。元々頭が良いわけです。

 


香川県入試問題 大事なのはここ

さて、話は元に戻します。

コツコツと問題を解いたり、練習をしていったり、基礎事項を覚えていったり、それらが重要だということは分かると思います。

でも、大事なのは、「問題を解く」でもなく、「練習をする」でもなく、「覚えていく」でもないのです。大事なのは、「コツコツと」です。これです。この一番重要な部分をすっ飛ばして、問題を解くとか覚えていくことは成り立ちません。それらを実行するためには、まず「コツコツと続ける」「日常の中に組み込んで努力ではなくルーティンとして行う」ことが重要だと思います。

「コツコツと」というのは、抽象的で、目に見えません。だから、見落としがちになるのだと思います。でも、見落とさない人もいるのです。結果、強いのはそういう人です。

考えてみると当り前でしょう?

 


 コツコツ塾

私自身は、別に頭が良いわけでもないし、天才的に何かできることがあるわけでもありません。私自身の受験の経験や今までの指導から言って、天才でないのなら、もう覚悟を決めて「コツコツと」やるしかないと思うのです。

成功する方法はそれしかないと思うのです。

だから、「英単語も1週間で30語覚えていこうね」、「国語の読解問題も1週間に3問4問ぐらいでも良いからずっと解き続けていこうね」、と主張しているわけです。

間違ってはいないはずです。

ただ、人の意見ですので、それに賛成か反対かは出てくると思います。別に構いません。賛成する人、こいつの言うとおりだ、こいつは信用できる、と思う人だけが集う塾であれば良いのです。

 


この意見に賛成の方は、ここからコツコツと始めてください。





あー追加です。知り合いの方にこのサイトを教えていただけますか? こんな塾あるよって。こんなこと言っているよって。他にもたくさん私自身の意見を書いているので、読んでいて面白いはずです。

お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。