教科書レベル

高松市国語塾

高松高校合格専門国語塾EQZ,塾長です。

教科書レベルの問題、と蔑んだ意思で語る人がいますが、きっと何も分かっていない人だと思います。

バカにできませんよ、教科書は。 隅から隅までやれば、相当な分量になりますし、そもそも、かなり難しい内容もあります。

教科書レベルはできるからもっと難しい問題を…等と考える人もいるようです。恐ろしいことです。そういうからには、公立高校入試問題や診断テストで、満点を取れるっていうことですよね?

高校に入ったら内容が難しくなるから、中学生の時から高校生内容を先取りしておくべき等とピントのずれた人もいるようです。それをやっても良いのは、診断テストで毎回コンスタントに240点以上取れる人だけです。それ以下であれば、先取りなんかやっている場合じゃありません。

何回でも練習を繰り返しておくべきです。類似問題を繰り返しておくべきです。

ロクに基本ができていないのに、先取りなんかやっても、足元がぐらつくだけで、何もメリットはありません。

小学生のうちから英語を一生懸命やっていて、中学3年生になって英語はトップクラスにいるのか? 小学生の頃に英語をやっていなければ、中学3年生になってトップクラスに行けないのか? 答えは明確ですよね。全く関係ないです。中学校に入ってからコツコツと勉強した子が強いのです。それだけの話です。

高校も同じことです。中学校までの学習内容がベースになります。それは間違いありません。ですので、中学校で習っている内容を中学生のうちに完璧に近く仕上げておくべきなのです。高校の内容は、高校に入ってから頑張れば良いのです。 

早くから始めないとついて行けないのでは? 

心配無用です。今、目の前にあることをきちんと仕上げることです。それができない子に「先」はないのですから。

教科書はそれなりに難しいです。バカになんかできません。今、教科書で習っている内容をちゃんと仕上げていきましょう。それだけで十分です。いや、それだけでも非常に努力を要しますから。

 

 

保護者説明会「国語の危機を救う具体策」の案内を始めております。お子さんの読解力を向上させたい、読解力をあげるヒントがほしい、という親御さん対象です。